七五三の髪型は新日本髪が人気!必要な長さやセット方法など

ご予約専用ダイヤル

03-6627-3625

撮影済の方 メニュー

お電話の場合

些細なことでも是非お問い合わせください。

03-6627-3625

受付時間:9:00~17:00(不定休)

メールの場合

お問い合わせフォーム

FAQ

お客様から寄せられるよくある質問を掲載しています。
お問い合わせの前にまずはご確認ください。

よくある質問
閉じる
Column

七五三

七五三の髪型は新日本髪が人気!必要な長さやセット方法など

お子さまがとびっきり可愛くおめかしをする七五三。

七五三では、衣装だけではなく、髪型にもこだわりたいですよね。
七五三で着物を着る方には、古典的な髪型である日本髪が注目されています。

本記事では、日本髪と新日本髪の違いや、必要な髪の長さやセット方法・おすすめの髪飾りなどをご紹介します。
七五三で日本髪のヘアアレンジを検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。

七五三の髪型は新日本髪が人気!必要な長さやセット方法など

■関連記事

七五三の髪型は新日本髪が人気

七五三の髪型は新日本髪が人気

日本髪といって、連想されるのは舞妓さんの髪型ではないでしょうか。
日本髪には、日本髪と新日本髪の2種類があります。

以下で、違いについて詳しくご紹介していきます。

■日本髪とは?

昔ながらの日本髪では、専用の電熱器で熱したコテを使い、髪のクセを伸ばしながら髪を結います。

電熱器で熱したコテは、高温になりますのでじっと座ることが難しい3歳のお子さまには危険です。
また、本来の日本髪はワックスやスプレーは使用せず、鬢付け油(びんつけあぶら)を使って髪を結いあげます。

鬢付け油を使用すると落とす時には、熱いお湯でシャンプーを数回しなければ落ちないなど、お子さまには負担が大きく感じてしまいます。

■新日本髪とは?

新日本髪は、日本髪の美しいシルエットは残しながら、現代風にアレンジした髪型です。

日本髪で使われるびんつけ油は使用せず、ワックスやスプレーを使いながら仕上げていきます。
びんつけ油や専用のコテも使わないので、お子さまでも気軽に日本髪を楽しむことができます。

新日本髪に必要な髪の長さ

新日本髪に必要な髪の長さ

肩下10cmほどの髪の長さがあれば、地毛で新日本髪を結い上げることができます。
反対に、腰までなど髪が長すぎると新日本髪のセットが難しくなるため、ある程度の長さでカットしておきます。

また、前髪をあげておでこを出す場合、鼻が隠れる前髪の長さが必要です。

3歳のお子さまの場合、髪を伸ばしたくても髪の伸びや毛量は個人差が大きい年齢。
新日本髪を希望しても、髪の長さやボリュームが足りないこともあり、理想とされている新日本髪ができない場合もあります。

髪の長さやボリュームが心配な場合は、セットを依頼される美容院や子供写真スタジオで相談しておくと安心です。

■関連記事

七五三の新日本髪のセット方法

七五三の新日本髪のセット方法

新日本髪のセット方法とおすすめの髪飾りについて以下で詳しくご紹介します。

■セット方法


(1)髪の毛を分ける
髪の毛を、前髪・左右の耳の前・後ろの髪に分けて、ヘアクリップで留めます。

(2)後ろ髪の上1/3を一つ結びをします。
この時、ジェルワックスをつけ、ブラシで梳かしながら結ぶと美しい毛流れを作ることができます。

(3)一つ結びと後ろ髪の下2/3の間に毛タボを入れてピンで固定し、ゴムで結びます。

(4)サイドの毛を梳かしながら後ろへ持っていき、③の一つ結びと一緒にまとめます。
この時もジェルワックスをつけ、ブラシで梳かしながら結びます。

(5)前髪をあげておでこを出す場合は、前髪にジェルワックスをなじませ、表面を整えながら上げてポンパドールを作ります。

(6)一つ結びにしていた毛束でまげを作り、スプレーでセットし、髪飾りをつければ完成です。

※毛タボ・・・地毛の中に入れて、ヘアアレンジのボリュームアップを図るために使う道具です。
100円ショップでも販売されています。

■おすすめの髪飾り

●ちんころ・かのこ
「ちんころ」と「かのこ」は、本来日本髪のセットをする際に結び目を隠すために使われていた髪飾りです。
ちんころは前髪に、かのこは後ろ髪につけます。
「ちんころ」は、前髪を結った位置から顔周りにかけて左右に垂らします。

さりげなく房が揺れるので、動きが出てとても可愛らしい印象に。
新日本髪の際には、「ちんころ」と「かのこ」をセットで使うことで、古典的な雰囲気になりますよ。


●お花
新日本髪の髪飾りでは、お花の飾りをつけることもおすすめです。

小さめのお花の飾りをつけると、繊細で可愛らしい印象に。
大きめのお花の飾りをつけると、華やかな印象になります。

可愛い新日本髪の姿を写真に残そう

可愛い新日本髪の姿を写真に残そう

お子さまの可愛らしさと着物が引き立つ新日本髪。
今、クラシカルな日本髪は最も注目されているスタイルです。

上記では、新日本髪のセット方法をご紹介しましたが、一般的なヘアアレンジとは違い複雑ですよね。

ご家庭で新日本髪のヘアアレンジをされるのであれば、七五三までに複数回の練習が必要です。
また、新日本髪のセットに必要な道具も準備しなければいけません。
パパ・ママそしてお子さまも負担ではないでしょうか。

そこで、おすすめしたいのは新日本髪のヘアセットを依頼できる写真スタジオを利用すること。

写真スタジオでは、ヘアセットやメイク・着付けといった七五三の準備からカメラマンの写真撮影まで全てお任せすることができます。
七五三というお祝いの日に、日本の伝統的な髪型である日本髪をすることは一生の思い出になります。

写真スタジオでは、プロのカメラマンがお子さまの魅力を最大限引き出した写真を撮ってもらうことができますよ。

ハピリィフォトスタジオでは、新日本髪のセットも承っており、日本髪に合う和風な背景や、小物も多数ご用意しております。

ハピリィフォトスタジオは、七五三の準備を全面的にサポートする子供フォトスタジオです。
ご希望のヘアセットや髪の長さ、ボリュームなどをお気軽にご相談くださいね。

まとめ

まとめ

日本髪と新日本髪の違いや、必要な髪の長さなどをご紹介してきました。

日本髪は、セットに時間がかかり、びんつけ油の落ちにくさなど小さなお子さまには負担が大きいので、ワックスやスプレーを使って仕上げる新日本髪が一般的です。

新日本髪に必要な髪の長さは、肩下10cm。
ボリュームも必要なので、3歳の七五三よりも7歳の七五三で新日本髪をされることをおすすめします。

お子さまの美しさを表現できる日本髪で、七五三が最高の1日になるとよいですね。

■関連記事

コラム一覧(七五三)