七五三のお祝い金を贈る時どうすればいい?

撮影済の方 メニュー

FAQ

お客様から寄せられるよくある質問を掲載しています。お問い合わせの前にまずはご確認ください。

メールの場合

お問合せフォーム
閉じる
Column

七五三

七五三のお祝い金を贈る時どうすればいい?

孫や親戚の子が七五三を迎え、お祝いをする時どのようにすれば良いのでしょうか。
今回は、お祝いを贈る時の注意点や相場について紹介します。

七五三のお祝い金を贈る時どうすればいい?

お祝い金の相場

知り合いのお子さまが七五三を迎えてお祝い金を渡す際、どのくらいの金額を渡せば良いのでしょうか。これは、七五三を迎えるお子さまとの関係性によって金額は変わって来ます。

(1)主役のお子さまから見て自分が祖父母の場合 10,000円~数万円
(2)主役のお子さまから見て自分が叔父・叔母などの親戚の場合 5,000円~10,000円
(3)主役のお子さまから見て親戚ではなく両親の友人などの場合 3,000円~5,000円

これは相場であり、実際の関係性によって変動することはあるでしょう。
また、遠方から来られる場合や金品以外の贈り物がある場合は、祖父母であってもお祝い金を渡さなかったり、もう少し少なめであったりするようです。
必ずしも渡さなければいけないというものではありませんので、状況や関係性に応じて金額が変動することは問題ありません。

叔父や叔母などの親族の場合は、交流が深いかどうかで金額が変動することが多いようです。また、金品を全く渡さずに贈り物だけの場合もあるようです。

七五三は、家族でお祝いをする行事です。その為、友人のお子さまに贈るということは少ないと思います。深い関係であるならば金品を渡す場合もありますが、それほどではないのであればお子さま向けのお菓子などを贈ると良いでしょう。また、言葉のみでも十分です。

過去に自分の家族が七五三などのお祝い金や贈り物をいただいている場合には、「内祝い」としてお返しをしておきましょう。
「お返し」「内祝い」については後に詳しく解説しますので、そちらをご覧下さい。

お祝い金は、お祝いしたい気持ちを表すものなので、大きな金額を渡せばそれで良いというわけでもありません。大きな金額であれば相手に気を遣わせてしまうかもしれません。お子さまのお父さん・お母さんとの関係性を考慮しながら妥当な金額をお祝い金として包みましょう。

お祝い金ではなくプレゼントを贈る場合は、お子さまの着物や髪飾り、おもちゃなどを贈ることが多いようです。着物については、事前に準備している可能性も考えられますので、事前に状況を聞いておきましょう。

ご祝儀の書き方

熨斗(のし)がある祝儀袋に入れて渡します。
帯紐のようになっているものを水引と言いますが、水引が5本紅白蝶結びになっているものを選びます。蝶結びは本来、開くことを目的としており本来の水引ではないのですが、結び直すことができるという形状から「何度あっても良い」という認識となっています。

次に表書きの表記について。

3歳の男児・女児
・御髪置御祝(おんかみおきおいわい)
・賀髪置御祝(がかみおきおいわい)
・祝 御髪置(しゅく おんかみおき)

これらは男女ともに3歳の時、髪を櫛で左右に梳き分けた「髪を伸ばし始める」というお祝いの儀式から来ています。

5歳の男児
・御袴着御祝(おんはかまぎおいわい)
・祝 御袴着(しゅく おんはかまぎ)

「袴を着せ始める」お祝いの儀式で、元々は3歳、5歳、7歳の時に行われていましたが、武家社会でも取り入れられてからは5歳の時に定着しました。
これが由来となって、5歳の男児のお祝いの献辞として用いられています。

7歳の女児
・御帯解御祝(おんおびときおいわい)
・祝 御帯解(しゅく おんおびとき)

女児が7歳の時に行われた「帯を着け始める」お祝いの儀式です。子供着の付け紐を正式な帯に使い変えるものでした。武家社会にも取り入れられてから、男児の「御袴着の儀」とあわせて女児の「御帯解きの儀」として定着しました。
これが由来となって、7歳の女児のお祝いの献辞として用いられています。

他には、京都・大阪の一部で行われている「十三参り」、山陰地域では「紐落し」などがあります。


全年齢男女
・祝七五三 ・七五三御祝
・御祝

こちらは全般的に用いられるものです。
地域差などもありますので、当てはまるものを記入しましょう。

また、文字書きはボールペンではなく筆ペンの方が良いでしょう。

贈ってはいけないもの

次に、贈ってはいけないものについて。

七五三はお祝いごとですので、不幸事があった際に使われるものは避けましょう。
例えば、弔事で使われる日本茶などはNGです。

また、縁起の悪いものも避けましょう。
ハサミやハンカチなど別れを連想させるものはNGです。
割れやすい陶器やガラス製品なども避けた方が良いでしょう。

お祝い金については、忌み数を避けるのがマナーです。
忌み数とは不吉な数字のことを指します。
「4」は「四(シ)」と「死」と同音・類似音である為、日本や中国等の漢字文化圏では忌み数として扱われています。
「6」は「ろくでなし」「ろくなことがない」、「9」は「苦しむ」などです。

基本的には、「9」を除いた奇数を含む3,000円、5,000円、7,000円や10,000円などのきりの良い金額を渡すと良いでしょう。

内祝い・お返しについて

本来はお子さまのお祝い事なので「お返し不要」なのです。
しかしながら、高額なものをいただいており、お返しをしないのはまずいという場合は「内祝い」が適切です。
しかし、「内祝い」=「身内のお祝い」というわけではありません。本来の意味というものは異なっています。
そこで、なぜこのように変化したのかを見ていきましょう。

■元々の「内祝い」

「内祝い」とは自分の家のおめでたいことを周囲の人に贈り物をして、喜びを分かち合うというものです。
本来、このことに対してお返しという概念はなく、「以前お祝いをしてもらったから」等は関係ありません。

■「お返し」

「結婚」や「出産」等においては「お返し」をするのが一般的です。
「お返し」とはその言葉通り、何かをいただいたら「あの時はありがとう」と贈り物を贈ったり、食事会に招待して感謝の気持ちを伝えるというものです。

■「内祝い」と「お返し」の違い

このようなことから「内祝い」は自ら行うものに対して「お返し」は相手から何かをしていただいた場合にのみ行うものとなっています。
その為、本来意味としては全く違うものなのです。

■「お返し」の代わりに「内祝い」を行う理由

しかし、現代では「お返し」を行わなければ気が引けるということが度々出てきてしまっています。
本来、「お返し」が不要なこの行事ですが、このような事情から「お返し」ではなく、「内祝い」として「お返し」を行うというように変化しています。

また、「何もしていないのに内祝いをもらった」からと言って、これは必ずしも何かの「お返し」というわけではありません。

■「内祝い」「お返し」は何を贈れば良い?

祖父母に対しては、七五三で行った記念撮影した写真をアルバムやフォトフレームにして贈ったり、ご祈祷の後に行う食事会に招待することが多いようです。

このような「内祝い」としての「お返し」のプレゼントは何を贈れば良い?という疑問に関してはこちらのコラムで具体的に紹介していますので、そちらを参考にしてみて下さい。

このような「内祝い」としての「お返し」のプレゼントは何を贈れば良い?という疑問に関してはこちらのコラムで具体的に紹介していますので、そちらを参考にしてみて下さい。

最近では、七五三の内祝い用のギフト商品等も販売されており、祖父母以外にはこのようなものを贈るのも良いでしょう。

お祝いをしていただいたら、その時点で一言お礼を言って、このようなお返しとしての内祝いは、1ヶ月以内にあまり遅くならないように行いましょう。

また、「内祝い」「お返し」については地域差や家の方針等、習慣が異なることも多くありますので、事前に身近な両親らに相談しておくことも大切です。