七五三で着るお父さん・お母さんの衣装について

撮影済の方 メニュー

FAQ

お客様から寄せられるよくある質問を掲載しています。お問い合わせの前にまずはご確認ください。

メールの場合

お問合せフォーム
閉じる
Column

七五三

七五三で着るお父さん・お母さんの衣装について

お子さまの晴れ舞台の日に着ていくお父さん・お母さんの服装はどのようなものがふさわしいのでしょうか?「スーツ?」「着物?」等という疑問が出て来ると思います。

今回は、お父さんとお母さんの衣装について考えていきましょう。

七五三で着るお父さん・お母さんの衣装について

七五三の主役はお子さま

七五三の主役はお子さまです。その為、お父さん・お母さんの衣装はお子さまに華を添えるような形を意識しましょう。
絶対にお子さまより目立つようなことがあってはなりません。

では、どのように衣装を選べば良いのでしょうか。
主役のお子さまを引き立てる上品な衣装、尚且つお子さまと夫婦の衣装の雰囲気が合うように気を付けながら選びます。

お父さんの服装

スーツが一般的ですが、和装にする方も中にはいらっしゃいます。
ここでは一般的であるスーツを選ぶ場合をメインに紹介していきます。

和装・洋装で分けて考える時に、スーツは洋装に分類されます。
多くの場合がダークカラーのスーツになります。
普段お仕事でスーツを着る場合には、そちらで着ているものでも構いません。
ただし、お子さまの晴れ舞台の日ですから、綺麗にしていくことは忘れないようにしましょう。

ワイシャツの色は、ピンク等の少し明るめに華やかに感じられる物が良いでしょう。
ネクタイも暗い色は避けて、ワイシャツ同様に明るめの色を選びましょう。ネクタイの柄はあまり派手にならないように気を付けて下さい。

ご祈祷の際に、靴を脱いで拝殿に上がります。
その為、「靴下は見えないからなんでも良い」という認識は間違いです。こちらも派手な色は避けて、スーツの色に合う物を選びましょう。

和装の場合は、紋付羽織袴は目立ってしまう為、柄があまり入っていない着物を選びます。お子さまやお母さんの着物に合わせて選ぶのも良いでしょう。

お母さんの服装

お子さまが和装の場合、お母さんも和装にすると華やかに見せることができます。ただし、お子さまより目立ってしまうような衣装はNGです。

着物には格があります。お子さまよりも格が下になる衣装を選び、夫婦で格を合わせるようにしましょう。
例えば、訪問着などの略礼装です。柄が入りすぎているものや第一礼装ではなく、落ち着いた色合い・柄のものを選びましょう。

洋装の場合は、上品なワンピースやセレモニースーツ等が良いでしょう。肌の露出を控えることもポイントです。スカートは膝下丈が良いでしょう。また、ノースリーブなどは避けましょう。
主役が男の子で渋い袴などを着用する場合には、少し華やかなものにしても良いかもしれません。

洋装の場合のメリットですが、和装に比べて動きやすいことです。これはお父さんの服装に関しても同じことが言えるのですが、お子さまのお世話をする際、和装だと少々動きにくく、ご自身の服装が崩れてしまう可能性があります。
洋装であれば崩れても直しやすいですが、和装に着慣れていない場合は、お子さまのお世話がどの程度必要であるかを考慮した上で和装にするか洋装にするか判断しても良いかもしれません。

祖父母の服装

お爺さん・お婆さんが来られる場合についてですが、こちらも注意しなければいけません。
お父さん・お母さんはきちんと整った格好をしていてもお爺さん・お婆さんが普段着で来てしまうなんてこともあります。

お爺さん・お婆さんの場合も、こちらはどのような格好で行くのかなどを伝え、きちんとした格好で来ていただけるように促しましょう。写真撮影する際などに、お子さま、お父さん、お母さんがばっちりきめていても、お爺さん・お婆さんの格好が普段着だと後から見返した際に見劣りしてしまう可能性があります。

服装に関しては基本的に、お父さん・お母さんの服装と同様です。

まとめ

今回、一番重要な点は「お子さま」が主役で、周囲はその引き立て役としてきちんとした服装で臨みましょうというお話でした。

「和装の方が良い!」と思われる場合も、お子さまのお世話がどれだけ必要なのかを考えて、和装にするか洋装にするか判断しましょう。

また、せっかくのお祝いの日ですので、1日お子さまが気持ち良く過ごせるようにしてあげましょう。