七五三の事前準備

ご予約専用ダイヤル

03-6627-3625

撮影済の方 メニュー

FAQ

お客様から寄せられるよくある質問を掲載しています。お問い合わせの前にまずはご確認ください。

メールの場合

お問合せフォーム
閉じる
Column

七五三

七五三の事前準備

七五三と言えば、子どもが3歳・5歳・7歳を迎えた際に、成長を祝う伝統行事です。

11月15日頃を目安とした日程で、神社にお詣り(お参り)をします。その際に一般的には、お子さまが男の子なら袴、女の子なら着物を着飾ります。

普段、着慣れない袴や着物を着飾ります。頻繁に行う行事でもありませんから、どのような準備をすれば良いのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、七五三で必要な事前準備について紹介していきます。

七五三の事前準備

七五三の参拝日を決める

七五三の参拝日は、本来11月15日頃に家族で参拝することが一般的でした。しかし、この時期の神社は、非常に混雑します。
また、共働き世帯が増えたこと、核家族化が進んだことでお爺さんやお婆さんも呼びたいけれども日程が合わない等と日程を合わせることが難しいという場合も多いようです。

そのようなことから、近年では10月から12月と少し余裕を持たせてご祈祷を受け付ける神社も増えているようです。
また、お宮参りなどと同じく「六曜」である「大安」「友引」「先勝」などの縁起の良い日を選ぶと良いでしょう。

七五三の時期に関してはこちらの記事も参考にしてみて下さい。

■ご祈祷の予約

参拝については予約が必要ではありませんが、ご祈祷は予約が必要な場合が多いです。
しかし、中には予約不要で受付している所もありますが、当日の混み具合によっては待ち時間が発生することも考えられます。
事前に参拝する予定の神社の情報は調べておくと良いでしょう。

また、時期を少しずらす場合には、参拝する予定の神社の七五三のご祈祷を行っている期間の確認も併せて行いましょう。

お子さまが長時間座ることが難しい場合、ご祈祷をせずに参拝だけというご家族もいらっしゃいます。予め、お父さん・お母さんで判断して、ご祈祷をするかどうか決めておきましょう。

■衣装の予約・フォトスタジオの予約

七五三では、袴や着物を着飾ることが一般的です。
以前までは着物を購入して兄弟・姉妹・親族で着回すことが一般的でした。
しかし、今では着回すほど兄弟・姉妹が居ない場合、お近くにご親戚が居る環境が少なくなったことから、「レンタル」が主流となってきており、神社やフォトスタジオ等で借りるご家庭が多くなっています。

七五三の時期には衣装の予約も多くなります。その為、人気のある着物は七五三シーズンになると予約が埋まってしまいます。
2ヶ月程度前に予約をしておくと良いのですが、中には半年前から予約を入れる方もいらっしゃいます。プロのカメラマンにお願いする場合は、1年前から予約するというケースもあるようです。
衣装をレンタルする場合には、七五三の参拝日が決まったら早めに予約をしておきましょう。

お父さん・お母さんが記念撮影をする場合は特に不要ですが、七五三は節目の行事となるので、フォトスタジオで記念撮影をお願いする家庭も多くなってきており、着物をレンタルしてくれるところも増えてきました。

その為、10月から11月に撮影予約をしても空きがなくて着物をレンタルすることができない可能性も十分にあります。

七五三の思い出を残す際に、なるべく早めに予約することをオススメ致します。

普段慣れていない袴や着物での行動は、小さなお子様には負担となってしまいますので、記念撮影と参拝日を分けて行う方もいらっしゃいます。
お子さまをお祝いする日なので、お子さまの無理のないように心がけましょう。

■食事の予約

参拝後に会食を行う場合は、こちらも事前の予約が必要です。
この時期は七五三用のメニューもあります。
食物アレルギーを持っている場合は、事前にその旨を伝えておきましょう。
自宅で行う場合も事前準備が必要になりますので、計画を立てておくと良いでしょう。

食事会の予算・どのように行うかについては別コラムでも紹介していますので、そちらも参考にしてみて下さい。

準備するもの

普段慣れていない服装では、トラブルが発生してしまうこともあります。当日に必要な着替えなどの持って行くと良い物をリストアップしてみます。

■お子さまの為の便利なアイテム

(1)着替え
子どもの着替えは必須といっても過言ではありません。和装の場合、草履を履きますが慣れていない子どもがほとんどなので足を痛がって泣いてしまうことが多いです。その為、参拝が終わればすぐに靴に履き替えさせて楽な格好にさせてあげるといいでしょう。

参拝後に食事に行く場合は、普段着の方が安心できます。七五三の衣装で食事しているところも写真に残しておきたいという場合には、食事エプロンなどを用意して着物を汚してしまわないように注意が必要です。

(2)靴・靴下
普段履いているものを予備として持って行きましょう。履き慣れない靴や草履を履いていると靴擦れや痛くなってしまうこともあります。
移動時や食事の時には、普段履き慣れている靴の方が良いでしょう。

(3)ヘアピン
髪結いをしてもらっても長い時間行動していると崩れて来てしまいます。女の子にはあると良いでしょう。

(4)ハンドタオル
着崩れした際に使います。帯が下がって来ている時に、帯と胴の間に挟んで帯がそれ以上下がらないようにします。

(5)ブランケットなどの防寒できるもの
11月というのは寒くなって来る頃です。風が吹けば肌寒く感じます。長時間外にいることになりますので、対策をしておくと良いでしょう。
羽織れる服やインナー、ブランケット等対策できるものは持って行きましょう。

(6)その他
水分補給できるように飲み物や持参したり、軽食やおやつ等必要に応じて持って行くようにしましょう。
また、天気が悪い場合は長靴など用意しておきましょう。

■初穂料

ご祈祷をしてもらう場合には、初穂料が必要となります。
神社や地域によって、相場は異なるので事前にホームページ等で調べておきましょう。
「お気持ちで」という曖昧な書き方もあり、明示されていない場合もあります。

また、ご兄弟がいる場合は、1人あたりの金額が安くなる場合もありますので、調べてみて分からない場合は問い合わせても良いかもしれません。
5,000円?10,000円くらいの金額が多いようですが、地域や神社によって大きく異なりますので、予め調べておきましょう。

■初穂料ののし袋の書き方について

神社に納める初穂料は、のし袋に入れて持参するのがマナーですので、当日までに準備しておきましょう。
のし袋には外袋と中袋があり、外袋には「表書き」、中袋には金額等を記入します。

まず、表書きには水引の上段に「初穂料」若しくは「御初穂料」「初穂料」「御玉串料」「玉串料」などと記入します。
水引の下段にはご祈祷を受けるお子さまの名前をフルネームで記入します。
また、兄弟・姉妹で一緒にご祈祷を受ける場合には、連名にして記入します。
一番上の子の名前はフルネームで、二番目からは下の名前だけ書くようにします。

神社の方々が初穂料を受け取る際に、水引の下段にご祈祷を受けるお子さまの名前を記入しておくことで管理しやすくすることができます。
七五三シーズンは、他のご家族も多くいらっしゃいますので、神社の方々が分かりやすいように名前をきちんと記入しましょう。
ただし、大勢が訪れる有名な神社などでは、のし袋に入れないで金額だけ納めるように言われることがあるので、ホームページなどで確認しておきましょう。

中袋の表には包んだお金の金額、裏には住所とご祈祷を受けるお子さまの名前をフルネームで記入します。
金額は、「金 壱萬円」(10,000円)のように大字を使用します。
大字とは、混同・改竄を防ぐために会計処理で用いられるものです。

近年ではコンピュータによる処理が普及した為、以前ほど大字を使うことはなくなりましたので、慣れないという方も多くいるでしょう。
「大字でなければならない」という決まりがあるわけではないので、一般的な漢数字を用いても問題はありません。

また、文字書きはボールペンではなく筆ペンの方が良いでしょう。

御手洗いに行くときは注意が必要

袴や着物を着付けする前には必ず御手洗いは済ませておきましょう。
長時間になり、どうしても御手洗いに行かないといけなくなった時は、しっかりと手助けしてあげましょう。普段着慣れていない袴や着物の構造はお子さまにとっては大変です。
3歳の場合には、オムツを利用する場合もあるようです。
着崩れした場合にはきちんと直してあげましょう。

年齢やお子さまに応じて必要なものは事前に準備しておきましょう。

【7月末まで】七五三無料相談会開催中

嬉しい4つの特典つき!
専門スタッフが七五三のご相談に応じます♪