七五三はいつ?必要なものと時期をずらす場合

ご予約専用ダイヤル

0120-338-977

撮影済の方 メニュー

FAQ

お客様から寄せられるよくある質問を掲載しています。お問い合わせの前にまずはご確認ください。

お電話の場合

0120-338-977

受付時間/9:00~19:00
(土日祝は~18:00まで)

メールの場合

お問合せフォーム
閉じる
Column
七五三はいつ?必要なものと時期をずらす場合

七五三はいつ?必要なものと時期をずらす場合

七五三

子どもの成長を祝う七五三は、年中行事ではありますが、お祝いの時期や必要なものがあまりわかっていないパパ・ママも多いのではないでしょうか。
今回、七五三の時期や女の子、男の子、早生まれの参拝時期や必要なものについて紹介いたします。

七五三の時期は?

七五三の正式な日にちは毎年11月15日とされています。その理由は所説ありますが、有力な説を一つ紹介します。

それは「二十八宿」によるものです。これはその日の吉凶を判断する暦のことで、11月15日は「鬼宿日」という日にあたります。これは、鬼が宿に休んでおり外を出歩かない日、災難に合う心配がなく何をするにも良い日ということでお祝い事や年中行事に良いとされていたからだと言われています。

また、旧暦の11月は秋の実り、作物の恵みに感謝する月でもあるので神様への感謝と一緒に子どもの成長にも感謝してきたと考えられています。

昔ながらの流れで11月15日という日にちは決まっていますが、各家庭の都合、体調面など考慮して絶対にその日にやらなければならないわけではありませんので、あくまでも目安となります。

七五三っていつやるの?

七五三のお祝いは、女の子と男の子で年齢が違うのはご存知でしょうか。
七五三には3つの儀式があり「男の子」が対象「女の子」が対象のものがあるので紹介いたします。

■男の子の場合

男の子は「袴着の儀」が対象となっております。5歳になった男の子が袴をはき、基盤の上で吉報を向いて立たせる儀式です。古くは男の子・女の子関係なく3~7歳の間で行われていたのですが、江戸時代末期に5歳の男の子に行われる儀式として定着しました。

現在では、男の子は5歳だけお祝いを行うところがほとんどですが、地域によっては男の子も3歳の髪置の儀を行うところもあります。

ただ、七五三には特に決まりはなく、男の子も女の子も3歳・5歳・7歳の全部をお祝いする場合や、いずれかをお祝いするという家庭もあり、男の子だから7歳のお祝いをしてはいけないというわけではありません。

■女の子の場合

女の子の場合は3歳で髪を伸ばし始める「髪置の儀」と「帯解の儀」の2つがあります。

髪置の儀とは3歳で髪の毛を伸ばし始める儀式で平安時代末期から行われていました。

昔は乳児の頃に髪を剃ることで病気の予防になり、後から健康な髪の毛が生えてくると信じられており、3歳になると乳児を卒業するという意味で髪の毛を伸ばしはじめたそうです。

帯解の儀は7歳になる女の子が、着物の帯を着け始める儀式です。帯を締めて着物を身に着けることで、1人前の人間として社会から認められる存在となり、生まれてきてくれたことへの感謝と今後の成長祈願を祈って神社にお祓いを受けます。

帯解の儀に関しては、男女ともに9歳で行われていましたが、江戸末期から男の子は5歳、女の子は7歳に行われるようになりました。

■早生まれの場合

早生まれの場合は「数え年」か「満年齢」どちらがいいのかと迷う方もいるかもしれませんが、どちらで七五三のお祝いをしても問題ありません。

特に2歳から3歳にかけての子どもの成長は早いもので、たった1年で身長や見た目は大きく変わります。

その為、まだ赤ちゃんのあどけなさが残るうちに七五三のお祝いをするのであれば数え年がおすすめで、慣れない着物を着ての写真撮影・参拝で疲れてしまいぐずってしまうのではないかと心配される方は満年齢の3歳になってからお祝いするといいでしょう。

兄弟がいる場合では、上の子は満年齢で行い、下の事は数え年で一緒にお祝いするケースなどもあり、子どもの成長に合わせて都合の良い方で七五三のお祝いを決める家庭も多いです。

七五三で必要なもの

■参拝する神社と会食の予約

七五三シーズンはどこの神社も混雑が予想されるので、早めに電話で問い合わせをして予約をしておいた方が良いです。また、御祈祷を行ってもらう場合はその金額も確認しておくといいかもしれません。

また、七五三を身内総出でお祝いをするという家庭もあるでしょう。その場合は、会食ができるお店を予約する必要があります。当日に足を運んでも空いている場所もあるかもしれませんが、七五三シーズンでは食事処も混雑していることが多いので注意です。

■子どもの着替え

子どもの着替えは必須といっても過言ではありません。和装の場合、草履を履きますが慣れていない子どもがほとんどなので足を痛がって泣いてしまうことが多いです。その為、参拝が終わればすぐに靴に履き替えさせて楽な格好にさせてあげるといいでしょう。

また、購入だった場合は問題ありませんがレンタルだった場合は汚してしまうことで追加料金が発生してしまう可能性もありますので、着替えを持っていく事で余計な出費を抑えられるかもしれません。

■記念撮影の予約

父・母が記念撮影をするのであれば特に不要ですが、七五三は節目の行事となるので、スタジオアリスなどの写真スタジオで記念撮影をお願いする家庭も多いでしょう。このようなスタジオでは参拝用の着物をレンタルしてくれるところも増えてきました。

その為、10月から11月に撮影予約をしても空きがなくて着物をレンタルすることができない可能性も十分にあります。

プロの写真撮影、着物レンタルを考えているのであれば1年前から予約をしておくことをおすすめします。またレンタルの場合は試着を怠らず、サイズの確認をしっかりと行いましょう。

七五三の時期はずらしてもよい

先ほども軽くお伝えしましたが、七五三の時期はずらしても問題ありません。小さな子どもにとって神社の参拝・写真撮影・食事会と多忙な1日となってしまいます。また、着なれない着物を着て長時間過ごすことになりますのでかなり負担が大きいはずです。七五三に行く時期は子どもの体調面を考慮して決めてあげてください。

ただし、千歳飴などのお祝い品が用意できない可能性があります。また、暑い時期や寒い時期は更に負担が大きくなりますので、少しずらして過ごしやすい気候の時期を選ぶといいでしょう。

時期はあくまで目安!神経質にならなくても大丈夫(まとめ)

七五三の時期や用意するものについて紹介してきました。

・七五三は正式な時期は11月15日
・時期をずらしても大丈夫
・数え年・満年齢どちらでも問題ない

また、男の子・女の子でお祝いをする年齢が変わってきますが3歳・5歳・7歳は成長の節目でもありますので、子どもの成長に感謝をして神社に参拝するのもありでしょう。「男の子だから7歳はお祝いをしない!」や「11月15日にしか行かない」と神経質にならなくても大丈夫です。

子どもの健やかな成長を祝う行事となりますので、その子の体調を考慮してあげて家族にとって楽しい七五三を送ってください。

七五三の関連コラム

  • 七五三のお詣り(お参り)の流れ
    七五三

    七五三のお詣り(お参り)の流れ

    子供の成長を祝う七五三ですが、衣装やお祝いの準備など、しなければならないことが多く、非常に大変です。 しかし、一番……

  • 七五三のお詣り(お参り)の場所は?
    七五三

    七五三のお詣り(お参り)の場所は?

    「七五三でお参りできる場所は、みんなどうやって探しているの」 「地元から引っ越してしまい、七五三詣ができる場所を知らな……

  • 七五三のお詣り(お参り)のタイミング
    七五三

    七五三のお詣り(お参り)のタイミング

    七五三のお詣りのタイミングはいつが良いのか、お日柄の良い日を選ぶべきと悩んでいる方も多いでしょう。 この記事では、七五……

七五三のギャラリー

  • 女の子 / 七五三
  • 女の子 / 七五三
  • 横浜みなとみらい店 / Zephyr / 男の子 / 七五三
  • 表参道店 / Azur / 女の子 / 七五三
  • 自由が丘店 / Japonism / 男の子 / 七五三
  • Luxe六本木店 / 女の子 / 七五三

ご予約

LINE@で友だち追加すると、今後のお得なキャンペーン情報やイベント情報を最速でお届けしますので、ぜひ友だちに追加してください!

友だち追加