夏のお宮参りにおすすめの服装は?対策や注意点など

ご予約専用ダイヤル

03-6627-3625

撮影済の方 メニュー

お電話の場合

些細なことでも是非お問い合わせください。

03-6627-3625

受付時間:9:00~17:00(不定休)

メールの場合

お問い合わせフォーム

FAQ

お客様から寄せられるよくある質問を掲載しています。
お問い合わせの前にまずはご確認ください。

よくある質問
閉じる
Column

お宮参り

夏のお宮参りにおすすめの服装は?対策や注意点など

夏にお宮参りに行くご家族は、どのような服装でお祝いすればいいのか、夏の暑さ対策や持ち物はどうするべきかなど、悩んでしまいますよね。

本記事では、夏のお宮参りにおすすめの服装や、暑さ対策・注意点などをご紹介します。
夏のお宮参りを予定されているご家庭は、ぜひ最後までご覧ください。

夏のお宮参りにおすすめの服装は?対策や注意点など

夏のお宮参りは暑さ対策が必須

夏のお宮参りは暑さ対策が必須

お宮参りの時期の赤ちゃんは、生後1ヶ月あまり。
赤ちゃんは、まだ上手く体温調節をすることができません。

暑い屋外や冷房の効きすぎた屋内では体温を調節するのが難しく、赤ちゃんの身体へ負担がかかりがち。
赤ちゃんだけではなく、産後間もないママにとっても、夏の暑さは厳しいものです。

お宮参りがきっかけで、体調を崩してしまったり、熱中症になってしまうことがないように暑さ対策は万全の準備をしておきましょう。

夏のお宮参りにおすすめの服装

夏のお宮参りにおすすめの服装

夏の暑い時期は、どのような服装でお宮参りをすればいいのか迷ってしまいますね。
以下では、夏のお宮参りにおすすめの服装をご紹介します。

■赤ちゃんの服装

赤ちゃんは汗をかきやすいので、夏のお宮参りはベビードレスがおすすめです。

ベビードレスの下には肌着を着せます。
肌着を着ることで汗をよく吸ってくれるので、暑い夏も赤ちゃんが快適に過ごすことができますよ。

赤ちゃんは体温調節が上手くできないので、ツーウェイオールのみ着る場合は、羽織物やおくるみで調整をしてあげると安心です。

■ママの服装

ママの服装は、洋装であれば上品な半袖ワンピースがおすすめです。
ポリエステルなどの涼しい素材で自宅で洗うことができる服装を選ぶことがポイント。

夏は暑いので露出が多くなりがちですが、胸元や足など露出が多くなりすぎないように気をつけましょう。
和装の場合、夏の着物であれば「絽(ろ)」・「紗(しゃ)」「麻」ですが、中でもカジュアルからフォーマルな場にも使える万能な素材である絽の着物が最適です。

産後のママには無理のない服装選びをしましょう。

■パパの服装

パパの服装は、お子さまを引き立てる衣装と、母親と服装の格を合わせることを意識して選びます。
お宮参りでのパパの衣装は、グレーや紺色のダークカラーなどのビジネススーツが主流です。

夏用仕立ての通気性の良いスーツを選びます。
主役である赤ちゃんより目立つことのないよう、スーツは無地のものを選びましょう。

■きょうだいの服装

きょうだいの服装は、主役は赤ちゃんのため主役の赤ちゃんに合わせることがポイント。

暑い時期なので、男の子は白いポロシャツにネイビーのズボン、女の子は半袖の上品なワンピースなら赤ちゃんの衣装が和装・洋装問わずバランスが良いでしょう。

■祖父母の服装

祖父母の服装は、赤ちゃんやママの服装に合わせます。
祖父は夏用の礼服や夏用のスーツが一般的ですが、和装でももちろん構いません。

祖母はワンピースなどの洋装の方が多いですが、暑い時期なので、通気性の良い素材でゆとりのあるデザインがおすすめです。

服装以外のお宮参りでの暑さ対策

服装以外のお宮参りでの暑さ対策

夏の暑い時期のお宮参りには、服装以外にも暑さ対策をすることができます。
以下では、赤ちゃん用の暑さ対策とご家族用暑さ対策に分けてご紹介していきます。

■赤ちゃん用の暑さ対策

赤ちゃん用に用意しておきたい暑さ対策は以下の通りです。

・ハンディクーラー
・ベビーカーの場合、冷感マット
・冷感シートや保冷剤
・タオル
・凍らしたタオルを1枚持っておくと便利
・帽子
・着替え
・液体ミルク
・冷感タオルケット

屋外の移動が多い場合は、紫外線から守る帽子や日除けを持っていきましょう。
暑い時の冷感シートも良いですが、水に濡らして凍らせたタオルが1枚あれば便利です。

冷たいタオルで赤ちゃんを拭いてあげると、汗疹予防にもなりますよ。
赤ちゃんの暑さ対策はしっかり準備しておきましょう。

■ご家族用の暑さ対策

ご家族用に用意しておきたい暑さ対策は以下の通りです。

・ハンディクーラーまたは扇子
・日傘
・帽子(神社では脱ぎます)
・飲み物
・タオル
・凍らしたタオル
・抱っこ紐の場合は冷却シート
・着替え
・保冷バック

特に、きょうだいが一緒のお宮参りの場合は、特に念入りに準備をしておきましょう。

抱っこ紐を使う場合は、暑いので大人も赤ちゃんも汗だくになってしまいますよね。
赤ちゃんと抱っこするパパ・ママとの間に冷感シートを挟んでおくのがおすすめ。

また、小さなきょうだいがいる場合、保冷剤を入れた保冷バックを用意し、赤ちゃんのミルクやきょうだいの飲み物・凍らせたゼリーなどを入れておくと冷たいまま食べることができるので便利ですよ。

記念写真は夏でも快適なスタジオ撮影がおすすめ

記念写真は夏でも快適なスタジオ撮影がおすすめ

赤ちゃんにとって初めてのお祝いであるお宮参りでは、プロの写真を残すこともおすすめです。

スタジオ撮影であれば、1年中快適な環境で写真を撮ることができます。
赤ちゃんにとって初めてのスタジオ撮影は、ハピリィフォトスタジオにお任せください。

お子さま専門のプロカメラマンが赤ちゃんの笑顔を引き出し、一瞬の笑顔も撮り逃しません。

まとめ

夏のお宮参りにおすすめの服装は?対策や注意点など

夏のお宮参りでの服装についてご紹介しました。
暑い時期のお宮参りには、赤ちゃんとご家族も通気性の良い服装を選ぶことがポイント。

夏の暑い時期でも快適にお宮参りをするためには、暑さ対策グッズにもこだわって準備ができるとよいですね。

ハピリィフォトスタジオでは、赤ちゃんとご家族の初めての記念写真をとびっきり素敵なものにするお手伝いをさせていただきます。