お宮参りの日が雨だったときの対策は?服装・写真はどうする?

ご予約専用ダイヤル

03-6627-3625

撮影済の方 メニュー

お電話の場合

些細なことでも是非お問い合わせください。

03-6627-3625

受付時間:9:00~17:00(不定休)

メールの場合

お問い合わせフォーム

FAQ

お客様から寄せられるよくある質問を掲載しています。
お問い合わせの前にまずはご確認ください。

よくある質問
閉じる
Column

お宮参り

お宮参りの日が雨だったときの対策は?服装・写真はどうする?

赤ちゃんが誕生し、1ヶ月目に行うとされるお宮参り。
赤ちゃんにとって初めてのお出かけとなるご家庭も多いのではないでしょうか。

そこで、気になるのはお宮参り当日の天気予報ですよね。
お宮参り当日のお天気が雨であれば、必ずしも延期にしなければいけないわけではありません。

雨でもお宮参りのお祝いをする方法はあります。
本記事では、お宮参りの日が雨の場合、延期にするのか等の判断基準や雨の対策・準備について詳しくご紹介します。

お宮参りの日が雨だったときの対策は?服装・写真はどうする?

お宮参りの日が雨だったときはどうする?

お宮参りの日が雨だったときはどうする?

お宮参り当日のお天気が雨の場合、

・延期をする
・予定通り決行する

の2つの選択肢があります。以下で詳しくご紹介します。

■延期する

当日雨が降ったり、雨予報の場合、別の日に延期をする方法もあります。
特に、雨が激しく降った場合、赤ちゃんが雨にかかり、風邪を引いてしまうかもしれません。

また、雨は地面が濡れて滑ってしまうこともあるので、赤ちゃんを抱っこするパパ・ママもいつも以上に注意が必要です。
また、お宮参りが雨の場合、縁起が悪いことをご心配される方もいらっしゃいますが、雨の場合も決して縁起は悪くありません。

縁起が悪いとされているのは、以下の通りです。

先勝:午前中は吉、午後は凶
先負:午前中は凶、午後は吉
赤口:凶の日、お祝い事は避けるべき
仏滅:大凶の日、他の日にお祝いをするべき

雨というだけで縁起が悪いことはありませんので、安心してくださいね。

■予定通り決行する

祖父母もお宮参りに招待する場合、別の日に延期をすることが難しいかもしれません。
警報レベルの大雨の場合はお宮参りをすることは難しいですが、小雨程度であれば雨対策をすれば予定通り決行することができます。

また、食事会や写真撮影など屋内のイベントは、天候も関係なく実施することができます。
お宮参りは同日でしなければいけないと決まっているわけではありません。
神社の参拝と、食事会や写真撮影を分けることで、ゆったりとした時間で楽しむこともできます。

お宮参りの日が雨だったときの対策

お宮参りの日が雨だったときの対策

お宮参りが雨の場合、雨の対策準備はしておきたいですよね。
以下では、お宮参り当日雨が降った際にできる雨対策についてご紹介しています。

■雨対策のアイテムを使う

雨対策のアイテムは、傘だけではありません。
ベビーカーを使う場合は、ベビーカー用の雨用カバー・抱っこ紐を使う場合は雨用ケープがあれば、雨から赤ちゃんを守ってあげることができます。
濡れた際に拭くタオルや、お子さまの着替え、濡れたものを入れるビニール袋も用意しておきましょう。

■防寒アイテム

雨が降ると気温が下がり、肌寒くなります。
また、雨に濡れてしまうと体温が下がってしまいますよね。

赤ちゃんは、自分で体温調節ができないので、冷えた時に温めてあげられるおくるみや靴下などを用意しておきましょう。
また、パパ・ママも防寒できるように羽織れるものを用意しておくと安心です。

■着物の場合は、着物用雨対策をする

雨の日に着物を着る場合、泥はねなどが気になってしまいますよね。
着付ける際に泥がつかないように、少し短めに着付けるだけではなく、着物用の雨コートや草履カバーを使うなど、雨グッズも利用することもおすすめです。

着物を着た時には、内股で小さい歩幅で歩くと泥はねしにくくなります。
また、内股で小さく歩くことで着崩れもしにくくなりますよ。

お宮参りの日が雨だったとき写真撮影について

お宮参りの日が雨だったとき写真撮影について

お宮参り当日が雨の時、屋外で写真を撮るポイントや、スタジオ撮影がおすすめの理由についてご紹介します。

■写真を撮るときのポイント

雨の日は、どこで写真を撮ろうかと迷ってしまうこともありますよね。
でも、神社には軒下、渡り廊下、門下、ご神木の下など雨宿りできるポイントがあります。
雨宿りをしながら撮影をすると、特別感のある写真になります。

また、傘も小物として使って写真を撮ることもおすすめ。
傘を持って写真を撮る時には、傘を少し後ろにずらしてポーズをすると、顔に光が入り、写真映りが良い写真になります。

■スタジオ撮影もおすすめ

スタジオ撮影は、雨や雪など天候に左右されることなく写真撮影をすることができます。
写真スタジオを予約しておくだけで、お宮参り当日に雨が降った場合も記念写真の撮影は予定通り実行することができ、ご家族の思い出をしっかりと残しておくことができますよ。

まとめ

お宮参りの日が雨だったときの対策は?服装・写真はどうする?

お宮参り当日のお天気が雨の場合の対策や服装、写真ついてご紹介してきました。

お宮参りが雨でも、縁起の良し悪しには関係ないとされています。
小雨程度の場合は、雨対策をして予定通り参拝など決行する方法や、食事会や記念写真撮影だけにして、後日お参りだけするという方法もあります。

赤ちゃんと産後間もないママの体調を考慮して判断しましょう。
お宮参りは赤ちゃんの健康と幸せを願い、お祝いするイベント。
成長の記録を残すチャンスでもあります。

お宮参りの撮影が人気のハピリィフォトスタジオで、一生の記念になる本格的な記念写真を残しませんか。