お宮参りはどんな服装で行けばいいの?

撮影済の方 メニュー

FAQ

お客様から寄せられるよくある質問を掲載しています。お問い合わせの前にまずはご確認ください。

メールの場合

お問合せフォーム
閉じる
Column

お宮参り

お宮参りはどんな服装で行けばいいの?

赤ちゃんが生まれて初めてのイベントがお宮参りです。
赤ちゃんの健やかな成長を祈ってお参りするお宮参りですが、このお宮参りの際にはどのような服装をチョイスすれば良いのか分からず悩んでしまう人も少なくありません。
そこで今回は、お宮参りに行くのにふさわしい服装について紹介します。これからお宮参りを控えている新米パパママさん、ぜひ参考にしてみてください。

お宮参りはどんな服装で行けばいいの?

お宮参りでの赤ちゃんの服装

お宮参りの主役は赤ちゃんです。
赤ちゃんのはじめての晴れ舞台とも言えるお宮参りでは、着用すべき衣装が決められています。
和装の場合には、白羽二重(しろはぶたえ)と言われる着物の上から掛け着を羽織るのが一般的な衣装です。
この羽織の掛け着に関しては、男の子と女の子で違いがあります。
ここでは、お宮参りの際の赤ちゃんの服装について、男の子と女の子に分けて詳しく紹介します。

男の子の服装

男の子のお宮参りでの服装は、黒や濃紺など濃い色の掛け着を選ぶのが一般的です。
掛け着のデザインにも特徴があり、お宮参りの場合には男の子の定番デザインは「熨斗目模様(のしめもよう)」と呼ばれるものを選ぶことが多いです。
男の子が力強くたくましく成長することを祈願して、龍や兜、虎などの柄の入った熨斗目模様の掛け着は、とても美しいのが特徴です。
男の子の掛け着には濃い色を、というイメージが定着しているものの、近年では薄いベージュの掛け着なども見かけるようになりました。
昔と違い、必ずしも濃い色を選ばなければならないという風潮ではなくなったと言えるでしょう。

女の子の服装

女の子のお宮参りでも、同じように白羽二重の上から掛け着を着せるのですが、デザインはまったく異なります。
女の子の掛け着には、花や蝶が華やかに描かれた「友禅模様(ゆうぜんもよう)」の入ったものを選びます。色合いも男の子が濃い色味の掛け着を着用するのと対照的で、女の子は赤やピンク、淡い水色などの明るい色味が一般的で、可愛らしく華やかな印象です。
また、今では時代の移り変わりとともに、お宮参りの衣装も変化しつつあります。
伝統的な白羽二重に掛け着を羽織るというスタイルではなく、ベビードレスを着せてその上から掛け着を羽織らせている姿も多く見かけるようになりました。
昔ながらのスタイルが時代の流れを受けて変化していることがあらわれています。

母親・祖母におすすめのお宮参りの服装

お宮参りには両親や祖父母が同行するものですが、母親や祖母はどのような服装で行くのが良いのでしょうか。
ここでは洋装と和装に分けて紹介します。

洋装でのお宮参り

母親や祖母が洋装でお宮参りに行く際には、ワンピースやスーツが一般的でしょう。
フォーマルな雰囲気の服装がのぞましく、スカート丈もひざ下のものが無難です。
その場合、主役である赤ちゃんも洋装つまりベビードレス着用である必要があります。
また、ヘアスタイルにも気を配りましょう。
和装に比べると少々カジュアルな印象の洋装スタイルだからこそ、フォーマルなアップスタイルなどのまとめ髪がおすすめです。
短めの髪の毛であっても、前髪などが顔にかかることがないようにしっかりピンでとめるなど、すっきりとしたヘアスタイルにしておくのが大切なポイントです。
赤ちゃんを連れてのお宮参りですし、途中で授乳する必要があることもあります。
赤ちゃんのお世話をするのに邪魔にならないよう、ヘアスタイルにまで気をつかうようにしましょう。

和装でのお宮参り

お宮参り神社でおこなうことがほとんどです。
神社と言えば和服を連想させますが、お宮参りの際に和装で同行する母親や祖父母も多くいます。
赤ちゃんの初めての一大イベントとなるお宮参りだからこそ、伝統的な和装を選ぶのもおすすめです。
着物に慣れていない女性も少なくないでしょう。
ですが、このような機会だからこそ、和装にこだわってみるのも良いです。

お宮参りには、訪問着や色無地などの着物を選び、主役となる赤ちゃんの掛け着の色との相性を考慮した上で色柄を選びます。
あまり母親や祖母が目立ちすぎることのないように、やや控えめなデザインを選ぶのが無難です。

父親・祖父におすすめのお宮参りの服装

父親はスーツを着る人がほとんどです。
母親や赤ちゃんの衣装に合わせる必要はなく、父親はスーツで良いです。
種類に関しては、冠婚葬祭で使用するフォーマルスーツを選ぶのが無難です。

季節ごとに服装を調整しよう

お宮参りは、赤ちゃんの生まれるタイミングによって、そのシーズンはさまざまです。
春や秋の過ごしやすい季節であれば問題ありませんが、真夏や真冬のお宮参りにはある程度季節に対応した服装調節が必要です。
ここでは、夏のお宮参りと冬のお宮参りの際の服装に関するポイントを紹介します。

夏のお宮参り

赤ちゃんがたくさん汗をかいても良いように、肌着をきちんと着せておきましょう。
通気性が悪い生地を1枚目に着せると、赤ちゃんが発汗したときに上手く汗が乾かずに風邪をひく原因になります。
吸水性と通気性の良い素材のものを肌着に選びましょう。

冬のお宮参り

冬のお宮参りは厳しい寒さの中外を歩かなければならないため、しっかり重ね着をさせることが必要です。
赤ちゃんが体調を壊してしまうことがないように、体を温めることができるおくるみを持参しましょう。

お宮参りの服装で気を付けるべき3つの注意点

お宮参りの際、赤ちゃんや同行する家族の服装についてはイメージできたはずです。
ここで最後に、お宮参りの服装に関する3つの注意点について紹介します。
この点に気を付けて服装をチョイスすれば間違いありません。

歩きやすい靴を選ぼう

お宮参りの当日は、現地まで仮に車で行くにせよ、どうしても歩く時間が長くなりがちです。
ですので、母親や祖母が洋服を選ぶ場合には、靴選びにも十分注意しましょう。
新しい靴は靴擦れしやすく、一度靴擦れしてしまうとそこから歩き続けるのは大変苦痛に感じるものです。
ある程度履き慣れた靴を選ぶようにするのが大切です。
また、ヒールの高い靴もお宮参りには向いていません。高くても5センチまでに留め、なるべく安定感のある靴にしましょう。

授乳しやすい服を選ぼう

和装であれば特に気を付けることはありませんが、洋装の場合は母親は授乳しやすい洋服を選んでおくのがおすすめです。
スーツでもワンピースでも前開きになっているものを選べば、授乳する際にとても便利です。
また、授乳の際に洋服が汚れてしまうこともあります。
その点も考慮した上でどの洋服を着用するかを決めましょう。

全体の統一感を意識しよう

お宮参りは赤ちゃんが生まれて一番初めにおこなう家族行事です。
記念写真を撮影することも多いでしょう。
お宮参りの際は、同行する父親母親、祖父母と赤ちゃんのバランスが大切です。
例えば、母親は洋装で祖父母は和装、赤ちゃんも和装、など洋装と和装が混在してしまうと、全体の統一感がなくなってしまうためこれはNGです。
服装を決める際には、まず赤ちゃんの衣装から決めましょう。
赤ちゃんに和装を着せるのであれば、その時点で母親と祖母も着物を着ることになります。
父親と祖父はいかなる場合でもスーツですが、女性の場合は注意が必要です。
また、色合いにも意識するとさらに統一感が得られます。
赤ちゃんの掛け着の色の系統と相性が良く、それでいてやや控えめなカラーを母親や祖母が身に着けているだけで、とても綺麗にまとまります。

まとめ

赤ちゃんのはじめての晴れ舞台であるお宮参りに出かける際、赤ちゃんに何を着せればいいのか、親たちが何を着ればいいのかは悩みどころです。
ですが、ここでお伝えしたポイントを意識して選べばきっと統一感のある素敵な衣装を選択できます。
最後にポイントです。

・赤ちゃんの衣装には、男の子と女の子でそれぞれ「基本の掛け着」が存在するため、あとは詳細だけ選べば問題ない・
・母親と祖母は和装でも洋装でも構わないが、父親は常にフォーマルスーツ
・赤ちゃんと同行する家族の統一感が大事。洋装和装が混在しないように気を付ける

お宮参りは家族にとってずっと記憶に残り続ける大切な行事です。
赤ちゃんの衣装、そして両親と祖父母の衣装を正しく選び、思い出に残る最高の一日を過ごしましょう。